« 第212回 オーストラリアづくしの夏! | トップページ | 一人ひとりを大切にしていきたい »

2014年8月23日 (土)

オーストラリアで学んだこと

Img_3577 私は、オーストラリアの人々のホスピタリティーが大好きです。オーストラリアの滞在はホームスティになります。人々の大らかで愛情溢れる態度に触れ、気づくと自分も同じようなテンションになって過ごしているのです。

全国から応募があった中高生の引率。今年は、全員が高校生というグループを担当しました。個性豊かなメンバーでしたが、オーストラリアで過ごす中で、子どもたちの個性はますます発揮されていきました。

子どもたちの様子見ているだけで楽しかったです。そして気づくと自分もその輪の中に入っていて、子どもたちに負けないくらい、はしゃいでいる自分がいました。

オーストラリアの人々はとてもフレンドリーです。笑顔でアイコンタクト、明るく手を振ってくれる、ハイタッチ、ハグ…。触れ合いにぬくもりが感じられるのです。

こうした中で生活していると、自分も同じような振る舞いをしているのに気づかされます。
子どもたちもそうです。ぬくもり溢れる触れ合いの中で、個性を思いっきり出して、存分に楽しんでいました。子どもたちは楽しむ中で、様々なことを学んだはずです。

この子どもたちと一緒に行けて、本当に良かったです。
毎回思うのですが、私は、一緒に行く子どもたちに恵まれていると思います。
ありがとうございました。

今回の出会いを大切に、これからも繋がっていきたいと思っています。昨日、子どもたち一人ひとりに「通知表」なるものを作成しました。一人ひとりにメッセージを書きました。書きながら、一人ひとりのことを思い出して、寂しい気持ちになってしまいました。

このプログラムに関する詳しい情報はこちらからどうぞ。

http://www.utd.co.jp/acosta/fev/index.html

|

« 第212回 オーストラリアづくしの夏! | トップページ | 一人ひとりを大切にしていきたい »

旅行・地域」カテゴリの記事

教員を目指す皆さんへ」カテゴリの記事

教員・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアで学んだこと:

« 第212回 オーストラリアづくしの夏! | トップページ | 一人ひとりを大切にしていきたい »