« 八ちゃん会 おおたかの森にて | トップページ | 雪の朝 »

2012年1月23日 (月)

2012年度センター試験 英語の問題を解いてみました(自分なりの分析・リスニング問題)

2012年度センター試験、英語の問題を解いてみました。リスニング問題について、個人的な分析をしてみたいと思います。

尚、昨年2011年度センター試験の分析につきましては、こちらに掲載してあります。興味のある方はご覧ください。

http://k-cafe.cocolog-nifty.com/cafe/2011/01/2011-ba01.html

これは、私の個人的な分析になります。私の感触からすると、昨年よりも少し易しくなっているように感じました。平均点は3〜5点ほど上がるのではないかと考えていますが、いかがでしょうか。

では、大問別に分析してみます。
〈第1問〉※例年並み
発音問題は例年並みだと思います。最初の問題(1)は、少し慌てるかもしれません。アクセント問題も例年並みだと思います。

〈第2問〉※易化
まず、文法問題ですが、全体的に基本的な問題が出ていると思います。ただし、問5(12)の問題は難しいと思います。単語力に自信がない受験生は苦労したはずです。それから、問9(16)です。withに気づかないと解答に迷うようになってしまうと思います。withに気づけたかどうかがポイントです。

対話文ですが、こちらは易化したように思います。とても分かりやすい対話分だと思います。

並べ替えの問題は、基本的な構文がおさえられていれば解答し易いと思います。問1(21)(22)では、仮目的語のitの使い方が分かっているか尋ねています。

〈第3問〉※易化
語句の意味を推測する問題ですが、文脈から比較的簡単に判断することができる問題だと思います。

テレビの子どもへの影響についての議論についても、ポイントが明確な文章であり、理解し易かったと思います。

アーモンドとナッツの違いについての文章は、多少、難しい単語が出てきていますが、ディスコースマーカーをおさえながら読んでいくことによって、ポイントはずれないと思います。

〈第4問〉※難化
木の特性に関する問題ですが、今まで出されていたグラフよりも難しいグラフが扱われていたように思います。ですので、受験生にとっては難しく感じられたと思います。

コンサートチケットのウェブサイトの問題は取り組み易かったと思います。

〈第5問〉※例年並み
留学の体験談に関する文章ですが、読みやすいのですが、留学時の不平や不満が多く語られており、それが帰って、難しくしているように思いました。文章は平易なのですが、少し長いように思いました。

〈第6問〉※例年並み
テーマがprocrastination(ぐずぐずすること)。テーマになっている単語は、初めて見た単語で難しく思われますが、文脈から「ぐずぐずすること」だと分かります。答えの根拠を探すにも、段落が指定されている問題があるので、時間をかけずに正解を導くことができたかと思います。

個人的には、(12)の問題と(46)の問題が難しく感じられました。

(この日記の更新日時は実際のものとは異なります。)

|

« 八ちゃん会 おおたかの森にて | トップページ | 雪の朝 »

教員・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年度センター試験 英語の問題を解いてみました(自分なりの分析・リスニング問題):

« 八ちゃん会 おおたかの森にて | トップページ | 雪の朝 »