« 蕎麦配達の旅 | トップページ | 2011年の反省(詳細) 様々な出来事、取り組みを振り返る »

2011年12月31日 (土)

2011年の反省(4大テーマの反省)

2011年の反省
Twitterの自己紹介のところに書いておいたのですが、2011年のテーマは次のようなものでした。

「2011年は「若さ」「熱血」に加えて、「組織力」「発想力」ををテーマにしようと思います。」

今年は、4月から担任ではなく、主に進路指導室の仕事をやってきました。もちろん、授業は今まで通りやっていましたし、副担任という形で第一学年に関わらせてもらいました。4つのテーマのうちどれも消化不良だったように思います。

●若さ
先日のブログにも書きましたが、ここ数年で急に老けだしたんです。体の方も、8月にオーストラリアから帰ってきてから、いわゆる「中年太り」の初期段階っていう感じで、お腹が出てきてしまいました。

それからシェープアップを図ろうと、スポーツジムに積極的に行き、今日の段階でやっと体脂肪率が18%台にまでなりました。

こんな感じなので、「若さ」というテーマにそぐわない1年になってしまったように思います。


●熱血

こちらも先日のブログに書いたことなのですが、数年前まで一緒に仕事をしていた同期と会い、あの頃の自分が思い出され、今も一生懸命にやっているのですが、あの頃に比べて熱血感が下がってきてしまっているように思いました。あの頃は、何でも体当たりで、失敗を恐れず、ガンガンやっていたように思います。

しかし、後輩もたくさんでき、「自分が後輩たちの模範にならなければ」「後輩たちを守らなければ」という気持ちが強くなり、どちらかというと「守り」に入ってしまっていたように思います。さらに、「年相応」というのに変な憧れを感じてしまったのも良くなかったのかも知れません。

というわけで、「熱血」というテーマにもそぐわない1年になってしまったように思います。

●組織力
3月までは担任を持ちながら、学年の副主任として主任を補佐させていただきながら、学年全体をまとめてきたつもりです。学年全体の一体感もあり、強い組織力があったように思います。

しかし、4月からは、進路指導室の仕事がメインになり、学年では副担任という形で携らせていただきました。だから、「出しゃばり過ぎてはダメ」という気持ちが強く、「組織全体をまとめよう!」という発想自体、おこがましいことであるという観念が強くなってしまいました。

進路の仕事でも、進路副主任という立場で仕事をさせていただきましたが、「立場をわきまえないと」という気持ちが先行してしまって、こちらも「あまり出しゃばらないようにしないといけない」という思いで過ごしてきたように思います。

というわけで、「組織力」というテーマを掲げたものの、こちらもそれに見合う働きができなかったように思います。出しゃばらないようにしながら、良い仕事をするのって難しいなと思いました。

●発想力
ここ数年、進路の仕事の中に、進路手帳の制作を任せていただいております。進路手帳の若干の改訂を行いました。年末に先生方からいただいたアンケートの結果は、良好でした。とても使い安いというコメントをいただき、嬉しかったです。

その他の面ではどうだったかと言いますと、こちらもあまり…という感じです。数年前は、未来を見据えた学校の在り方みたいなものを勉強しまとめたこともありました。これは本当にためになりました。

一緒に考えていったメンバーの方々と、「未来の学校」について考え、時にはバトルもしたこともありました。でも、そのプロセスが本当に充実していました。他校の取り組みについて比較、検討したり、新たなフレームワークについても考えたことがあります。その頃に比べると、ことしは全然…という感じでした。

ただ、授業展開については、少しだけ、試行錯誤できたように思います。

という訳で、「発想力」というテーマについては、三角印といったところです。

こうして見ますと、私の掲げた4大テーマ、ほとんど目標を達成することができなかったように思います。来年は、飛躍の年にしたいと思います。

|

« 蕎麦配達の旅 | トップページ | 2011年の反省(詳細) 様々な出来事、取り組みを振り返る »

反省と目標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48270/53609580

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年の反省(4大テーマの反省):

« 蕎麦配達の旅 | トップページ | 2011年の反省(詳細) 様々な出来事、取り組みを振り返る »