« mixi恐るべしですよ! | トップページ | 自動車の修理の見積 »

2011年4月21日 (木)

学校間交流について考える

今年度の仕事の目標として、国際交流について具体的な計画を立てるというのがあります。個人的に、理想とするのは、交換留学制制度の確立ですが、そこにたどり着く前に、「学校間交流」を何らかの形でできないかと思っています。

数年前に、イギリスの高校との学校交流を計画、実施したことがあります。そのときは、実際にロンドン郊外にある高校を訪れて、そこで、日本文化について、プレゼンテーションをしてきました。

実際に、足を運ぶ以外に、方法はないかと模索していたところ、職場の先輩がBrihish Councilについて、教えてくださいました。

今夜、British Councilのホームページをチェックしてみました。すると、インターネットを活用した学校交流ができることが分かりました。すばらしい企画だと思いました。まずは、インターネットを活用して、交流をすることから初めてみるのです。

今後、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

British Councilのホームページ、リンクを貼らせていただきました。
http://www.britishcouncil.org/JP/japan-school-uk-japan-linking.htm

|

« mixi恐るべしですよ! | トップページ | 自動車の修理の見積 »

教員・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校間交流について考える:

« mixi恐るべしですよ! | トップページ | 自動車の修理の見積 »