« 第97回 英字新聞の購読を検討中 | トップページ | 料理に興味が出てきた娘 »

2011年1月23日 (日)

英語を教える私に示唆を与えてくださったインタビュー

土曜日のInternational Herald Tribuneを読んでいたら朝日新聞の英語版に大変ためになるインタビューが載っていました。立教大学の鳥飼玖美子先生のインタビューでした。

タイトルが「Japan needs new paradigim of English education」。日本語に訳すと「日本は英語教育の新たなパラダイム(方法論・対応策)が必要だ」になるだろうか。

記事の全文は、朝日新聞のホームページに出ていたので、リンクを貼らせていただきます。
http://www.asahi.com/english/TKY201101210361.html

「英語が国際的な共通語となっている今、私たち英語の教員に求められているのは、英語を学ぶ子どもたちを、アメリカ人やイギリス人の英語力に近づけるのではなく、世界中の人々とコミュニケーションを円滑に行えるようにする力を身につけられるようにすることである。インタビューを読んで、私はこのような考えになりました。

英語のネイティブスピーカーのように、lとrのサウンドをきちんと使い分けられるようにすることではない。それよりも、国際的な共通語としての英語を身につけられるようにすることであると感じました。そのためには、必要最低限となる文法事項はマスターし、その上で、円滑なコミュニケーションを図るためのコミュニケーション能力をつけていくことであると感じました。

とくに感銘を受けた部分は次のところです。本文から抜粋させていただきました。

Come to think of it, many conversations in English take place between non-native speakers of English who are not proficient in the language. A typical conversation may begin like this: "I'm sorry I don't speak your language. I wish I could." "It's for me to apologize for not speaking your language. But we can at least try to understand each other in English, can't we?"

Japanese can speak English like typical Japanese, and Chinese can speak their version of English, and they can still communicate with each other so long as both parties stick to the basics or "core" of what is English as a universal language.

私なりに訳してみると…

考えてみますと、英語での多くの会話というのは熟練していないノンネイティブとノンネイティブの間で行われています。典型的な会話はこんな感じで始まるかもしれません。「すみません。私はあなたの国の言葉を話せません。話せれば良いのですが。」「それは相手の国のことばが話せないことに対するお詫びなのです。しかし、私たちは少なくとも英語でお互いを理解しようとすることが可能ではないでしょうか。」

日本人は典型的な日本人の英語で英語を話すことができますし、反対に中国人も典型的な中国人の英語で英語を話すことができるのです。そして両者は、世界共通語としての英語の基礎的な部分つまり「コア」の部分を柱にしておけば、コミュニケーションを図ることができるのです。

ちょっと、訳がおかしいかもしれませんが…。

私自身、ネイティブの英語に近づきたいと思い悪戦苦闘し、しかし、近づけることができない現状にぶつかっていました。生徒の前でネイティブに近い英語を披露できることが英語教師の究極の目標だと思っていました。

しかし、この記事を読んで、そうではないと考えるようになりました。これからは、変なコンプレックスを持たずに、多少、おかしな発音や表現になってしまっても、コミュニケーションができるところを見せていこうと考えました。

大変、参考になる記事でしたし、刺激的な記事でした。

人気ブログランキングへ

いつも見てくださり、ありがとうございます。バナーをワンクリックお願いします。

|

« 第97回 英字新聞の購読を検討中 | トップページ | 料理に興味が出てきた娘 »

教員・エピソード」カテゴリの記事

コメント

>abe_cさん
 コメントありがとうございます。
 語学力って、文法や語彙力だけではないと思います。

 やはりコミュニケーション能力が一番大事です。
 ボディーランゲージでもいいんですよね。

 相手に言いたいことや気持ちが伝わるかどうかが大切です。

投稿: 101Ken | 2011年2月 5日 (土) 20:51

ごくまれに、日本語が話せない外国人観光客が、私の店にご来店下さりますが、片言の英語での接客となります。

クレジットカードでのお支払い希望の時は、ちゃんと対処できるか心配でしたが、まぁ、何とかなっちゃいました(笑)

投稿: abe_c | 2011年1月25日 (火) 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語を教える私に示唆を与えてくださったインタビュー:

« 第97回 英字新聞の購読を検討中 | トップページ | 料理に興味が出てきた娘 »