« 8月の講演の準備、ほぼ完了! | トップページ | 茨城空港開港間近! アシアナ航空が毎日就航予定 »

2009年8月 1日 (土)

優れたPower Pointを目指して!

7月から積極的にパワーポイントを使うようになりました。
思えば、私たち世代からでしょうか、パワーポイントが大学に入ったのは。

それまでは、OHPやオーバーヘッドという装置を使ってプレゼンを行いました。
OHPはおなじみの透明シートを使うものです。これは長年、愛用されていたはずですので、多くの方はご存知かと思います。

オーバーヘッドが中心的に使われていた期間はOHPよりも短かったはずです。人によっては何それ?って感じかと思います。

これは、天井、あるいは、高いところにカメラがついていまして、スクリーンに映し出したいものをそのままカメラで映し出すというものです。

プレゼン中、普通にプレゼンテーターの手が見えていました。あるいは、その場でペンで書いている様子も見えていました。それはそれで面白かったです。

しかし、基本的に、プリントをカメラでライブ中継している形式なので、画面に変化は見られません。

そういう意味で、パワーポイントは革命的な存在なのです。

私が大学時代のとき、学生が利用できるパソコンにパワーポイントが入っていましたので、卒業論文発表会は、パワーポイントを使用しました。

という訳で、私は、社会人になる前から、パワーポイントに対して免疫が出来ていたのです。

予餞会の教員企画をパワーポイントでやったこともありました。英語科の研究協議会の発表もパワーポイントでやったこともありました。中学生向けの体験授業のパワーポイントを使ったこともありました…。

そして、今月の講演でもパワーポイントを使います。今日は最後の仕上げをしていたのです。

作業が終わってから、新人時代から大変お世話になってきた方のパワーポイントの画面をちょっとだけ見ることができたのです。現在、他の高校で活躍されている先生の授業の様子がその高校のホームページ内で紹介されていました。

その方は、ホワイトボードにパワーポイントの画像を飛ばして授業をされているようです。分かりやすくデザイン性にも優れ、大変見やすい内容でした。授業の様子もいきいきしていてとても良かったです。

一瞬で、「俺は負けている!」という気持ちになりました。

自分が使ったパワーポイントを自画自賛してきたことを情けなく思う瞬間でした。
これからも、もっと研究していきたいと思いました。

|

« 8月の講演の準備、ほぼ完了! | トップページ | 茨城空港開港間近! アシアナ航空が毎日就航予定 »

教員・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優れたPower Pointを目指して!:

« 8月の講演の準備、ほぼ完了! | トップページ | 茨城空港開港間近! アシアナ航空が毎日就航予定 »